工事技術は年々進化している!さあ魅力的なマイホームの実現を!

decoration

遮音性の高い住宅

interior decoration

RC住宅とも呼ばれている鉄筋コンクリート住宅ですが、鉄筋コンクリート住宅は頑丈に作られており、耐震性や耐熱性に優れている魅力的な住宅です。また、遮音性も高いので騒音問題を未然に防ぐことが可能です。

Read More...

法律の特徴

interior decoration

住宅瑕疵担保履行法では、設計施工基準が保険法人によって異なった特徴がありました。しかし、2009年以降は基準が一本化されており以前よりも分かりやすくなっています。法律の特徴をしっかりと把握しましょう。

Read More...

床を長く保つ為に

interior decoration

床を綺麗に、頑丈に保つために行われているのがフロアコーティングです。フロアコーティングは複数の溶剤を活用して行われることが一般的なのですが、コーティングを行なうこと美しさと清潔さを保つことが可能です。

Read More...

衛生面を考えた設備

水廻りのトラブルが発生!トイレ詰まりや水漏れをプロの業者に頼む前に見ておきましょう。業者は口コミで選ぶ時代です。

ずっとお湯をかえなくても衛生面は大丈夫でしょうか

世界でも類をみないほどの、お風呂好きな日本人です。1日のうちで一番幸せな時間は、お風呂に浸かっている時、と言う方も少なくありません。そんな日本人なら、いつでもお風呂に浸かれることは、夢ではないでしょうか。現実には、まずはお風呂掃除をして、お湯を沸かしてと随分時間がかかります。 しかし24時間風呂なら、文字通り24時間365日いつでも思い立った時に、お風呂に浸かれます。それはとても嬉しいことですが、衛生的なんでしょうか。お湯をかえないと、どろどろになるのではと心配になるかもしれません。しかし2重、3重になったフィルターで常時お湯をきれいにしています。各メーカーともに、各種殺菌法を駆使し浄化しています。24時間風呂は、医療施設や介護施設の浴場でも採用されています。これほど説得力のあることもないでしょう。

ずっと適温を保つので、光熱費が高いのではないでしょうか

衛生面は、納得していただけたと思います。医療施設以外にも、スポーツジムの浴場やゴルフ場の浴場などでも、24時間風呂が採用されています。案外知らない内に、入浴していたなんてことも、あるかもしれません。 もう一つ心配なのは、経済面でしょう。毎晩お風呂を沸かすことにだって、随分光熱費がかかります。特に寒い冬場には光熱費も割高になります。 24時間風呂にした場合、装置を動かすのは電気です。電気代が一日当たり200円程度かかります。しかし水道代は大幅に節約できますし、ガス代などもかかりません。 水は温度を上げる時に多くのエネルギーが必要です。一定の温度を保つことには、それほどエネルギーを使わないのです。 又、節電タイプの24時間風呂も登場しています。こちらはもっと電気代が安いようです。